ワインこそ通販で。お気に入りを探そう。


仕事帰りに立ち寄ったスーパーやコンビニで、「ワインコンクール金賞受賞!」と大きく書かれたワインを発見。

さっそく購入、オツマミもばっちり揃えて、味に期待しつついそいそと帰宅…。

でもいざコルクを開けて飲んでみたら、「ん、これが金賞? わりとフツーの味じゃ?」「ワインなんてそうそう飲まないし、オレの舌が未熟なのかなぁ…」な~んて経験、ありませんか?


がっかりするのはまだ早い!です。

実はあなたの味覚のせいではなく、それはやっぱりそのワイン自体、「受賞のわりにイマイチな水準」である可能性が、ケッコー高いのです。


まず、ボトルにぶら下がってたり店頭のPOPで派手に宣伝されたりしている、その「ワインコンクール受賞歴」ですが。

実は、世に多いんですよ~「ワインの◯◯コンクール」って。

受賞することが実に名誉のある、格の高いコンクールも確かにあるのですが、その一方、ワインを売らんがためにわざと賞を創設!?なんて、冗談のような真逆のコンクールもあるそうです。


なんでも、『多くは誰が主催しているのか、どういう選考をしているのか、誰がジャッジになっているのかなどについて、ほとんど説明不能のワインショーも横行』している状況なのだとか。

さらに、国によっては…。

『オーストラリアではワイン業界の自主ルールとして、2005年のヴィンテージより、公認されたワインショー以外の受賞シールをボトルに貼ることを禁止』というところまで、きちゃっているそうですよ(上記『 』内引用:WORLD FINE WINES on line 2006年10月記事「金賞受賞の怪」)。


だからホントに評価に値する金賞ワインなのか、それとも怪しい賞なのか、買う前にスーパーの棚で、すばやく判別しなくちゃいけないわけで。

これって時々ワインを嗜むくらいの私たちには、ちょっと難易度高いですよね。

保管の問題」だってあります。

デパートや高級スーパーなら、定温・定湿に気を配ったワインコーナーを常設しているところが多いですが、近所のスーパーやコンビニなどでは、明るい照明の下お酒コーナーに春夏秋冬、いつまでも棚ざらしのまま…ということも多いです。

これじゃあんまり。飲む直前まで乱暴に扱われちゃ、ワインが泣き出しますよ。

買ってきたワインはちゃんと横にして、自宅のワインクーラーにそっと保管してあげましょう。


…それじゃあ、本当においしいワインをリーズナブルなお値段で買うには、一体どうしたらいいのか?

ということで、ここは「ワイン通販」の出番です。


「え~ワインを通販で買うって、大丈夫なの?」とおっしゃる、そこのアナタ!

ワインこそ実は「大いに通販向きの食品」であり、おいしいワインこそ通販で買わなくてはなりません。

まず「品ぞろえ」の問題。

おいしくて良いワインはどうしても、生産量が限られます。

世界中の愛好家が欲しがるわけで、限られた割当量があなたの街の酒屋さんまでなかなか回ってこないのが現実。

その反面、日本中から買い手がつく実績あるネット通販ワインショップには、輸入業者から限定数が割り当てられるチャンスが高いのです。


そして「価格」

ネット通販店では、広告費や過度の店舗維持費・人件費等がかかりません。

ショップ側としても優良なワイン愛好家のお客さまを自社で長く囲い込みたいので、浮いた固定費の多くがワイン価格の値引や、顧客むけの限定サービスとして還元されます。

そうすることで顧客の評判も上がり、また固定客の質も高まることによって、良質な口コミも集まりやすいからです。

さらにワイン専門店を自認する以上、保管面の体制もバッチリ整っています。

ちゃんとしたワイン通販サイトは必ず「自社の保管ポリシー」について詳しく説明しているので、よく読んでみましょう。


ただ一口に「ワイン通販のお店」といっても、イロイロあることも確か。

もちろんワインそのものに造詣が深く、ワインの保管と発送に独自のノウハウを持った実績ある通販店をいくつか比較して、自分なりに長くつきあえるお気に入りのお店を選ぶ必要があります。


通販店には、有名ソムリエを擁したり自社に巨大な保管倉庫を有しているお店もあれば、逆に独自のネットワークを駆使してレア物や特定地域のワインに特化するといった、アットホーム感を出しているお店もあります。

それぞれの通販店が持つ特長を、自分の今のニーズと比較しながら、上手に利用したいものですね。


買い手にとっては「送料」も、見逃せないチェックポイントです。

ちゃんとしたお店なら必ず定温配送が可能な「クール便」の利用を薦めてきますから、「送料+クール便代金」をワンセットで考えていくと、繰り返し利用すると結構な金額に達するからです。

「会員ポイント制度」「おトクなキャンペーンの有無」も、長いお付き合いを考えるなら、利用前に必ずチェックしておきたいものですね。


自分なりに使いやすいお店を見つけたら、そこと長くお付き合いすることでこれまで自分の知らなかった新しいワインの世界がきっと開けてくることでしょう。

ここでは、安心して長く付き合える、実績あるワイン通販の専門サイトをご紹介します。



イーエックス(eX-WINE)

  • ワイン業界のプロフェッショナルが共鳴・集結して作りあげたワインの通販サイト、『ワインショップ イーエックス(eX-WINE)』。
    厳選した高品質ワインを安心して気軽にお買いいただける、通販システムを完備しています。

  • 世界第3位のソムリエ、石田博氏が総合監修。世界中から輸入したワインを、「生産者別」「こだわり別」「産地別」「シーン別」「リアルタイムランキング」といった、様々な切り口でご提案。

  • ワインは24時間365日、万全の管理体制のもとで大切に保管。

  • 次回以降のワイン購入に使えるポイントがたまる、おトクな会員システムをご用意。

  • トップソムリエのコラムや、産地在住スタッフからの最新情報などの幅広いワイン情報、ワイングッズやワインセラーなどの関連商品もお届け。


ワインショップ ソムリエ

  • ワインショップソムリエ』は、スタッフ全員がソムリエとして東京・六本木のワイン店舗を運営しています。

  • 約5,000本を収納できる最新鋭の自社所有ワイン専用倉庫。13~15度の定温・70~75%の定湿環境の地下セラーにて、ワインをしっかり保管しています。

  • ネットショップでも、ソムリエ自らが、おすすめワインのセレクト・販売を行っています。ソムリエが厳選した「ワインセット人気ランキングBest3」が好評です。
    おトクな送料無料のワインセットもご用意。

  • ヨーロッパ・南米・オーストラリア等の現地生産者から直輸入・直販しており、余計な中間マージンがかかりません。毎日15時までのご注文は、年中無休で即日配送します。高品質ワインを最短距離でお届けできる体制を整えています。

  • 送料は全国一律806円(税込・クール便は+200円)。12本単位のご注文で送料無料。期間限定の「ポイントアップキャンペーン」も実施しています。


京橋ワイン

  • ココロに届くワインショップ『京橋ワイン』は、創業以来11年。

  • 楽天市場「ショップ・オブ・ザ・イヤー賞(ワインジャンル大賞)」を、2004~2006年まで3年連続で受賞。自社本店サイトは、2万店を超える楽天市場店舗でトップ50に入ります。

  • 購入1万円以上で、送料無料+クール便/代引き手数料が無料。

  • 毎日、新商品を追加中。取扱いアイテムは1,500以上。

  • 会員向けポイントシステムをご用意。購入金額に応じて、会員ランク別にキャンペーン・優待メルマガ等の特典が受けられます。

  • 激安ワインから稀少限定ワインまで、特集テーマ別に厳選ワインをご紹介。赤・白・スパークリング別の、最新の購入ランキングもご覧いただけます。


TOPPAGE  TOP 
オールドビンテージ・ドットコム